ハムスター

季節毎の注意点

春 活動が活発になり繁殖に適した時期です。 繁殖させる場合は巣材を増やし、 エサも栄養があるものをたくさん食べさせてあげましょう。 出産後3週間位は エサをあたえる時はそっと素早く、ケージも動かさないようにしましょう。
夏 ハムスターは、湿気の多い、じめじめした季節が苦手です。 ケージは風通しの 良い所に置きましょう。巣材の量も減らし掃除もこまめに行いましょう。
注意 湿度や湿度の管理は充分に気をつけましょう。皮膚病になってしまうこともあります。
秋 暑い夏をのりきったハムスターは涼しくなると食欲がでてきます。 食べ物を 巣箱に運ぶようになります。 冬が来る前に栄養豊富なサツマイモやひまわり の種などを与え、皮下脂肪をつけさせましょう。
冬 寒い時期は、できるだけ巣材を増やして暖かくしてあげましょう。 そうすれば冬眠をせずに冬を越す事ができます。 エサは秋と同様に栄養のある物を与えましょう。
注意 ハムスターに手で触れる前に、自分の手の温度を確かめましょう。
冷たい手でハムスターを持ったらびっくりしてしまいますよ。